ポメラニアンという犬種は

ポメラニアンという犬種は

 

愛犬をしつける時に注意してほしいのは、しつけの過程とか、教えてあげる順序をミスらないことです。トイレのしつけ行為の場合であっても、その点は一緒でしょうね。

犬のしつけは、まず吠える・噛むというのは、どういう原因でそうしているのかを突き止めるようにして、「意味なく吠吠えるはいけない」「噛むのはダメな事」と、しつけをしていくことが大事です。

黒い毛を持つトイプードル犬が他のトイプードルより最高に賢いと言われるようです。賢いので、しつけの際もやりやすいという長所があると思います。

ポメラニアンという犬種は、しつけを受けながらオーナーとの信頼関係を築くのを喜ぶ動物です。子犬の時期からあれこれしつけをしていくことが大切だと思います。

柴犬をしつける時の悩みでよくあるのは噛み癖だと言われます。成長してもしつけはできるものの、本来は子犬の時からしつけをするのに異議はないと言えるでしょう。


日本では、人気を集めていてペットとして飼われているチワワであっても、しつけることができないで、手に負えないでいる飼い主のみなさんがたくさんいらっしゃるのが事実だと思います。

トイレをしつけるのは犬が来た日から直ちにスタートするのが良いと思います。早速みなさんもこれからトイレのしつけ訓練の心構えを整えてください。

お散歩デビューをするのは、子犬のすべてのワクチンの後にしてください。万が一、しつけが間違ったりしていると、犬との暮らしというのが残念ながら不満を感じることになってしまう可能性もあるでしょう。

無駄吠えについては、本当に吠える必要があるとは思えない際に吠える、あるいは飼い主が吠えてはほしくない場合に吠える行動なので、絶対になくしたいですね。

吠える愛犬のしつけをする時は、原因を別にして考えてください。なるべく、犬が吠える元凶の排除と実際の訓練を組み合わせてやってください。


しつけをする際は、褒めるのがお勧めです。トイプードルは、特に賢く明るい犬種です。良い点を伸ばす方向のしつけの方法が一番です。

子犬が人を噛んでくれるという時点が、「噛むのは良くない行為だ」というしつけを実践する良い機会だと言えるでしょう。噛んでくれないようだと、「噛んだらだめ」というしつけを行うことは無理でしょう。

ふつう成長するにつれて、ポメラニアンもちょっとは分別が出てきますがしつけが不十分だと、成長過程で我儘になる可能性だってあるんじゃないでしょうか。

ふつう、子犬は「要求咆哮」というのがほとんどでしょう。かと言って、行き過ぎのしつけを実行すると、威嚇して吠えるようになるケースだってあるみたいなので、気をつけてください。

最初に、吠える犬のしつけをする時は吠えたくなる犬の性質について深く理解しつつ、開始しないと駄目です。飼い主にとっては大切な姿勢です。