愛犬 しつけ ポイント

小型犬のチワワ

 

みなさんの中で、犬のしつけに困っている人がいるなら、問題の原因をきちんと把握したうえで、柴犬とかチワワの個性をしっかりと把握することがとても重要だと言えるでしょう。

やはり子犬のことは、うるさいことは言いたくなくなる気持ちも当然ですが、そんな時こそ、ペットのしつけについてはパーフェクトにするのが良いです。

チワワについて言うと、しつけのトラブルとして、吠えて騒ぐ、を挙げる方がいらっしゃいます。外で通行人などにとにかく吠える行為を行うなど、しつけが必要な犬もいるんじゃないでしょうか。

普通、吠える犬をしつけるならば、犬の本質を熟知した後で、スタートしないといけないと思います。とても大切な心構えでしょう。

或るものに対して恐れがあって、そのために吠える行為が引き起こされた場合、とにかくその対象を取り除いてあげると、無駄吠え行為はなくすことも簡単です。


ふつう犬が噛むという行為は、ほぼ間違いなくしつけと言って体罰をしたり、自分勝手を許したための上下の関係の逆転が原因のはずです。もしかして、子犬の甘噛みをそのままにしていたのでは?

犬の散歩での拾い食いに関わるしつけなどは、言葉で叱ることをしがちですが、そうではなくオーナーができるだけ自信をもってリードコントロールでしつけをするのが良いと思います。

小型犬のチワワでも、しつけをすることが大事です。普通、チワワは大げさなくらいに褒めあげることです。優しくコミュニケーションをとって、しっかり可愛がるようにしてください。

みなさんにとって、チワワを飼う場合に、最初にしなければならないのはトイレのしつけであると想像します。頭の良い犬からまあまあの犬まで、多彩な子犬がいるみたいです。覚えが悪くても焦ることなくゆっくりとしつけていってはどうでしょう。

初めてのお散歩というのは、子犬対象の全ワクチンが済むのを待ってからした方が良いです。しつけの手法を誤ると、犬との暮らしというのがすごくストレスを招くことにしまうみたいです。


特に上下関係が分かるようにしつけをすると、聡明なトイプードルは主人であるオーナーの命令をとにかく守るという態度に発展します。

犬でも気が弱いと、基本的にしばしば無駄吠えするようになるとみられています。これについては、危機への警戒や恐怖心のためのパニックのようなものとみられています。

概して、子犬の時はしつけをするなら一番だと思います。単純に、既に歳をとって成長期を終えた犬よりも、子犬のほうがしつけをしやすいのは、当たり前のことだと考えませんか?

トイレトレーニング、噛み癖直しなど、子犬のうちからいろいろとちゃんとしつけをして成長するように、みなさんたちがペットをしつけて行きましょう。

全般的にポメラニアンは聡明な犬なので、小さい時期にしつけ対策をするのは可能でしょう。まずベーシックなしつけは、生後6か月ごろまでにしておくとベストです。